201702/12

逃げ惑う妻に臭いと言われ、ショックを受けた私の体臭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妻がキスしてくれた

男性が30 代半ばを過ぎると、それまでになかった体臭がしていることに気づいたり、また家族や周囲に「クサイ」と指摘されてショックを受ける、という経験をした人が多いようです。

このニオイは、主に後頭部付近から発生する汗のニオイで、一般的な汗臭さや加齢臭とは違うニオイであり、周囲の人に不快感を与えてしまいます。

ミドル世代特有の汗のアブラ臭の原因成分

30~40才代で急激に増加してくるのは、主に後頭部付近から発生する汗の「アブラ臭さ」です。このミドル世代特有の汗のアブラ臭の原因成分は、頭部とその周辺に発生する「ジアセチル」「ペラルゴン酸」です。(「ジアセチル」を発見したのは化粧品メーカーの「マンダム」、「ペラルゴン酸」は日用品メーカーの「ライオン」が発見しました。)

「ジアセチル」は、汗に含まれる乳酸を皮膚常在菌が分解して発生するもので、「ペラルゴン酸」は、皮脂腺から分泌された皮脂は酸化し、その一部がペラルゴン酸へと変化したもの。どちらも、使い古した油のようなニオイがします。

これまで一般的に知られていた「加齢臭」の場合、原因成分「ノネナール」は40代から始まり50代以降に本格的に発生します。30歳代でも加齢臭のようなニオイに悩まされている人がたくさんいますが、それは、加齢臭ではなく「ミドル脂臭」というものなのです。

30代から発生する匂いはミドル脂臭の脂っぽい匂い
出典:Amazon

30~40歳代をピークに強くなる「ミドル脂臭 」は、 汗臭、加齢臭とは発生する場所も異なり、特に「後頭部」と「首の後ろ」で発生しています。多くの奥さんが感じている枕のニオイは、このミドル脂臭が原因かもしれません。

特に匂う場所は、後頭部と首です
出典:Amazon

奥さんの約7割近くが夫の枕カバーが臭くなったと回答しています
出典:Amazon

 

マンダムの研究によると、「ジアセチル」は、口臭の原因成分の1.4倍、足臭の原因成分の1.5倍臭いを感じる成分で、さらに、加齢臭の原因物質に比べて100倍も広がりやすい性質があります。つまり、「ミドル脂臭」は、加齢臭よりもずっと早急な対処をしなければならない“やっかいなニオイ”なのです。

ミドル脂臭は「頭皮とその周辺」から発生するので、頭皮の汗・皮脂をしっかり落とすことがニオイ予防には不可欠。そこで、これから『頭皮の皮脂をスッキリ落とす石けん洗髪法』をご紹介します。用意するものは「固形石けん」だけ。1個100円程度のものでOKです。超低コスパで「ミドル脂臭」対策をしてみませんか?

さらに、ミドル脂臭をはじめワキや足臭といった『ガンコなニオイが染みついてしまった衣類や枕カバーも、スッキリ生き返らせる「石けん煮洗い」のテクニック』もご紹介します。「普通の洗剤ではニオイ落ちが不満」という人は、ぜひお試しください。

「石けん洗髪」で「頭のニオイ」がスッキリ解消!

「頭皮がクサい悩み」を持っている人が、ミドル脂臭世代だけでなく、老若男女問わず増えています。脂クサくて、毎日シャンプーしているのになかなか取れないようです。

ニオイの原因は「頭皮の皮脂汚れがキチンと落ちていないこと」。汚れがちゃんと落ちていないから臭うし、かゆみも出ます。「毎日洗っているからキレイになっているはずだ」という思い込みから、意外と頭皮をしっかり洗いきれていないのです。

よくぬらしてモコモコ泡立てがコツ

頭皮のニオイは、「固形の浴用石けん」か「洗顔用石けん」で洗うと取れます。半信半疑という人も多いかもしれませんが、試してみるとニオイが取れてびっくりするでしょう。

イマイチ信じられない人が多いのは、たいてい、固形石けんで髪を洗うとゴワゴワになり、ねっとりベタベタしたり、最悪の洗い上がりになるからです。しかし、コツをつかめばそれもありません。

石けんでのシャンプーの最大のコツは「泡を盛大に立てる」こと。

地肌までじっくりぬらす

そのためにはまず、髪をじっくりぬらしてください。

石けんを頭全体にたっぷりつける

地肌までじっくりぬらして、石けんを地肌にたっぷりつけます。このとき、1回でつけようと思わず、頭全体に石けんを移動させながらまんべんなくつけていきます。

お湯を少し足しながら泡をゆるくする

石けんだけをべっとりつけるのではなく、ときどきお湯をすくって髪にかけながら、指の腹で地肌を揉むように洗うと泡がモコモコ立ってきます。

この泡は、今までシャンプー剤を使っていた頃の2倍~3倍くらいの泡を立てるつもりでやってみてください。頭皮の汗や皮脂汚れがこれでどんどん取れていきます。たっぷりの泡じゃないと、洗い上がりがゴワゴワ、ネトネトしてしまいます。

地肌をマッサージする

クリーミーなしっかりした泡が立ったら、地肌をよくマッサージして地肌の汚れをしっかり落としましょう。髪の汚れは、実は地肌の汚れがほとんどで、髪の先のほうはほとんど汚れていませんから、地肌をきれいにするのが洗髪の最大の目的です。

目の粗いブラシでとかす

地肌がきれいになったら、髪の長い人は目の粗いブラシで髪を椀いてみてください。このとき髪が絡まるようなら泡不足。泡が潤滑油の役目をするくらいたっぷりあればOK。

ブラシをかけるときは必ず、まず毛先から。毛先1cmくらいをとかし、次は2㎝くらいにと、徐々に地肌の方へ近づけます。最初に地肌近くからブラシを通そうとすると髪がものすごくもつれます。最初は毛先1cmから、これが鉄則です。

泡がゆるくなったらシャワーですすぐ

髪の指通りがよくなったら、手でお湯をすくって地肌にかけ、クリーミーな固い泡をゆるくします。ゆるい泡がタラタラと顔に垂れてくるくらいになったら、シャワーですすぎます。

洗面器のお湯をザバッとかけても大丈夫。固い泡のままだとすすぎが大変ですが、泡をゆるくしてからだとラクにすすげるのです。

石けんで髪を洗うとすすぎが大変で、お湯をどんどん使ってしまう、という方も多いのですが、最初の泡が不足しているとすすいでいる途中もネトネトして、お湯を盛大に使ってもなかなかサラサラしません。

また、泡をゆるくしないで固い泡のままお湯をかけると、髪の根本のほうの石けん分がなかなか落ちず、これもお湯をたくさん使う原因になります。

「石けん洗髪」は、とにかく「盛大な泡」にして、そして「泡をゆるくする」のがコツ。これを心がけると、実は石けん洗髪はとても節水にもなるのです。

参考:カウブランド青箱 バスサイズ135g×3個パック

「カウブランド 青箱バスサイズ 135g*3個入」は、ソフトな泡立ちでさっぱり洗い上げる石けんです。ミルク成分を配合。たっぷりお使いいただけるバスサイズはファミリーに最適です。

カウブランド青箱バスサイズは、頭皮をさっぱり洗い上げる石けんです

出典:Amazon

「石けん洗髪」がうまくいかないには「石けんシャンプー」がおススメ

アナタがいつも使っているシャンプーは、“シリコン”が入りでしょうか?シリコン入りのシャンプーだと、髪がコーティングされるので一見ツヤツヤになます。洗っている最中も指がスルスル通るので、髪を傷めていないような気になります。しかし、最近「ノンシリコンのシャンプー」が人気。

ノンシリコンのシャンプーは髪を傷めません

実は、シリコンが髪にずっと残ると、使っているうちにゴワゴワ固くなります。また、そのシリコンもいずれは洗い流されるのですが、そのときにキューテイクルを一緒にはがしてしまうのでかえって髪が細く、切れやすくなったという人も少なくありません。ノンシリコンのほうが長い目で見ると髪を傷めません。そういった点で、人気なのもわかりますね。

シリコン入りのシャンプーとノンシリコンシャンプーの毛穴の詰り解消の違いを比較しました
出典:PHYTOLIFT

ノンシリコンのシャンプーを使うなら、「石けんシャンプー」はいかがでしょう?石けんはもちろんノンシリコン。「固形石けんで洗髪するのはハードルが高い」という人にもおススメです。

石けんシャンプーはどうか?

しかし、石けんシャンプーを買って試したことがあるという人の中には、使用感が悪かったり、ものすごくたくさんの量を使わないと泡が立たない、洗い上がりもそんなによくないと、期待外れだったという経験をした人もいるようです。

あまり知られていませんが、実は、合成洗剤系シャンプーを使っている人が石けんに替えると、それまで使っていた合成洗剤が髪に残留しているので、それが落ちるまでは量がたくさん必要になります。しかし、その段階をクリアするとうまくいきます、

石けんシャンプーは1本目を使い切るのは早いですが、2本目はそれより持ちがよくなります。2本目以降には、泡がたくさん立つし、洗い上がりもサラサラになっていくのです。

「固形石けん洗髪」はなかなかコツがつかめないという人にも、液体の石けんシャンプーが向いています。最初はすごくたくさんの量を使うし、これでは、もったいないと思うかもしれません。でも、時間がたつと、うまく洗えるようになるハズます。

そして、「石けんシャンプー」のコツは「固形石けん洗髪」と同じ、

  1. 地肌までじっくりぬらす⇒たっぷりの石けん
  2. ⇒たっぷりの泡⇒それをゆるくしてからすすぐ、

この手順を踏めば、石けんでもシリコン入りのシャンプーに負けない洗い上がりと手触りも夢ではありません。その上、頭皮のニオイもしなくなり、いいことづくめです。

参考:ミヨシ 頭皮をあらうせっけんシャンプー

「ミヨシ 頭皮をあらうせっけん」は、毛穴をふせぐ「皮脂よごれ」を石鹸の力で洗い落とすシャンプーです。天然由来の保湿成分グリコシルトレハロースとミルクプロテイン(加水分解カゼイン)を配合。健やかな頭皮の状態を保ちます。

ミヨシの頭皮を洗うせっけんは、皮脂よごれを石鹸の力で洗い落とし、保湿成分グリコシルトレハロースとミルクプロテインを配合しています
出典:Amazon

ニオイのしみついた男物の衣類も「煮洗い」で撃退!

洗剤を使って洗濯しても、それでもニオイが・・・という頑固なニオイのついた衣類や枕カバーなどのリネン類も存在します。

夫婦で同じように洗濯しているのに、妻の衣類はあまり臭わず、夫のものはときどきニオイが出るということが多く見られます。これは、男性は皮脂の分泌が女性より多く、同じように洗っても汚れが落ち切れていないことが要因。

この汚れと二オイをしっかり落とし、殺菌までしてくれる「煮洗い」をやってみましょう。「煮洗い」とは、文字通り「煮る」ので、ホーローの鍋か、傷のついていないアルマイトの鍋、ステンレスの鍋を用意してください。必要なものは「石けん」と「過炭酸塩(酸素系漂白剤)」です。

参考:抗菌ステンレス 洗い桶 27cm

抗菌ステンレスの洗い桶です。直径27cm、容量は約4.5リットル。

男性は皮脂の分泌が女性より多いので、同じくに洗っても汚れが落ち切れないので、汚れと匂いを落とし、殺菌までしてくれるステンレス鍋が汚れと匂いを落としてくれます
出典:Amazon

まずは石けんだけで煮洗い

  1. 洗い桶に水を入れ温める
    ステンレスの洗い桶や鍋に水を入れ、火にかけます。5ℓ入りの洗い桶なら3ℓほどの水が目安。
  1. 粉石けんを入れる
    水が温まってきたら、粉石けんを小さじ1~大さじ1杯程度(汚れの度合いによって幅があります)入れてよくかき混ぜます。
  1. 衣類を入れる
    石けんがよく溶けたらニオイのする衣類を入れ、菜箸などでかき混ぜながら、沸騰するまで煮るだけです(吹きこぼれに注意!必ずそばにいて、見張っていること)。
  1. 火を止めて放置する
    沸騰したら火を止め、お湯の温度は手が浸けられるほどに下がるまで放置し、あとは取り出して普通にすすぎます。洗濯機ですすぎ、脱水して干せば簡単です。普通の汚れやニオイなら、これでキレイに落ちます。

※木綿のタオルや布巾、Tシャツなどでしたら沸騰するまで煮て大丈夫です。化繊-衣類や、プラスチックのボタンやファスナーが付いているものは、高温で変質しますから要注意。そういうものは、過炭酸塩(酸素系漂白剤)だけで漬け込む「プチ煮洗い」をオススメします。

参考:そよ風

天然油脂主原料の純せっけんに、天然アミノ酸系の分散剤を配合。みるみるうちに溶けて、せっけんカスを防止。

そよ風 は、天然油脂主原料の純せっけんに加えて天然アミノ酸系の分散剤を配合しています
出典:Amazon

過炭酸塩(酸素系漂白剤)で「プチ煮洗い」

「プチ煮洗い」は、シミのついた衣類やタオルを、「過炭酸塩(酸素系漂白剤)」を溶かしたお湯に漬け込むだけ。簡単な方法ですが、温度が大事です。

「過炭酸塩」は50℃で一番よく働きます。温度計で測るのが一番いいのですが、ない場合は「おおよそ50℃」というレベルで大丈夫。

お風呂の温度を測るとき、お湯に手を入れて

  • 「ぬるい」と感じるのが20℃
  • 「温かい」と感じるのがだいたい30℃くらい
  • 「ちようどいい」と感じるのがほぼ40℃
  • 「アチチ」と感じるのが45℃くらい

です。これを応用して、鍋のお湯の温度をだいたいでいいから把握しましょう。もちろん、やけどするくらい熱いお湯に手を入れてはいけません。

水を温めたら、過炭酸塩を入れ溶かす

ぬるいときにチョコチョコ入れてみて、おおよそ40℃くらいだなと思ったら、過炭酸塩を入れ、お玉などでかき混ぜてよく溶かします。分量は、だいたい「水3ℓに過炭酸塩小さじ1~大さじ1杯くらい」が目安です。

衣類を入れ、火を止め放置する

そこへシミのついた衣類やタオルなどを入れ、菜箸などで抑えて火を止めます。あとは冷めるまで放置するだけです。3~4時間以上、あるいは一晩ほど置くと、頑固なシミもきれいになり、ニオイも全くなくなります。

参考:シャボン玉 酸素系漂白剤

お洗濯用、台所用の漂白剤とし。 漂白、除菌、除臭効果があり、木綿、麻、化学繊維などの色柄物、白物にも安心してご使用頂けます。

シャボン玉酸素系漂白剤は、洗濯用、台所用の漂白剤ですが漂白、除菌、除臭効果があり匂いもなくなります
出典:Amazon

「石けん」と「過炭酸塩」混ぜるとどうなる?

過炭酸塩は石けんと結びつくとすぐに泡となり、分解されます。せっかくの漂白力が無駄撃ちになるので、混ぜないほうがお得です。

本来は、石けんで煮洗いした物をきちんと水ですすいで、それから過炭酸塩だけでプチ煮洗いするのが正しいやり方です。ただ、それだとちょっと面倒なので、「沸騰している石けん液に過炭酸塩を足して冷めるまで放置」というやり方でもOK。

これは理論上、石けんと結びついて無駄になる過炭酸塩が増え、50℃以上の温度なのでどんどん泡が発生して漂白する時間が短くなってしまうので、少しもったいないやり方といえます。しかし、ニオイの取れないTシャツや、ものすごく汚い台拭きや雑巾などがこれで生き返ることも。試す価値はあるでしょう

素材別「煮洗い」で衣類はもっと真っ白に

煮洗いのやり方を繊維別、アイテム別にお教えいたしましょう。

 木綿や麻はどんどん煮洗い

木綿や麻などの植物性繊維で、白いものならあまり気にすることなく煮洗いができます。布巾やタオルや白いTシャツなど、どんどん煮洗いしてみてください。頑固なシミも落ちるし、白い布がさらに真っ白になります。

日常着は頻繁に洗うことを前提に作られていますから、染料や縫製は煮洗いにも耐えうるようにできているはずですが、中にはデリケートな染料が使われている場向もあるので、目立たないところで色落ちするか確認してからやってください。

化学繊維には「プチ煮洗い」を

白い木綿のブラウスも煮洗いすると真っ白になるのでオススメなのですが、プラスチックのボタンが付いている場合は、外してから煮洗いしてください。高温になるとプラスチックが変質してしまいます。

ポリエステルなどの化学繊維も、高温で煮ると繊維が変質するので、「煮る」のは厳禁です。しかし、先ほどの「50℃のプチ煮洗い」なら大丈夫。

時間は1~3時間ほどでしょうが。シミの程度にもよるので、途中、漂白液から取り出して様子をみながらやってください。

プラスチックボタンをいちいち外すのは面倒ですが、この功度のプチ煮洗いなら付けたままでも大丈夫。古いボタンだとちょっと心配ですから、念のため40℃程度(手が浸けられるくらいの温度)でやってみるといいでしょう。

シルク・ウール・金属付きは煮洗い厳禁

「ポリウレタン」は特に熱に弱いので、煮洗いもプチ煮洗いもオススメできません。また、「シルク」や「ウール」などのたんぱく質系の繊維も、煮洗いはできません。これらは高温やアルカリに弱く、煮洗いすると繊維が固くもろくなってしまうのです。

また、金属はアルカリで変質する恐れがあるので「金属のボタン」「バックル」「ファスナー」などの付属品が付いているもの、はNG。「草木染」も、染める過程で金属の触媒を使うことがあり煮洗いできません。どうしてもする場合は、ボタンやファスナーを外し、プチ煮洗いの場合でも、時間は短く、短時間で様子を見ながらやってください。

日常的に一番着ることの多い木綿のものなら問題ありません。あとはタオルや布巾など、清潔にしたいものもまったく問題なく煮洗いできます。衣類のニオイを取り、シミも消してくれる「煮洗い」、清潔な暮らしのためにぜひ試してみてください。何度かやってみるとコツがつかめます。

まとめ

石けんは、使い方次第でかなり洗浄力がアップします。手洗い用も洗剤も液体タイプという人も、ぜひ従来型の固形タイプ、粉末タイプを見直してみてください。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加